No
May 30, 2014

加工技術と今後

化粧台の前の女

加工とは原材料に文字どおり手を加えて工作することです。国土の面積が狭く地下資源に乏しい日本においては原材料を輸入し、製品加工による付加価値をつけ輸出する貿易が盛んに行われ我が国の製品技術の向上と国の発展に寄与する基幹産業の一つであることは疑う余地はありません。

しかし熟練工の高齢化や後継者不足、または外国の安価な人件費を求めての大手企業工場の海外流出が多いことは懸念材料といえますので、今後の保護育成が課題です。

加工の種類
加工にも種類があり、何かを制作・建築するにあたって、必ずその対象に合った作業が施されます。食品であれば、レトルトや冷凍食品、インスタントなどです。

工業などで施される作業は切削・研削や特殊と呼ばれるものもあり、特殊な物ではレーザや電子ビームなどを使った方法です。

また切削・研削は金属などの一部を取り去る方法の事で除去加工と呼ばれることもあり、これらの製法を使って制作していくことで大きな利益に繋がる商品を生み出すことが出来るのです。

化粧箱の活用法
化粧箱とは、贈り物をいれるためにきれいに装飾された箱のことで、加工前は耐水性や摩擦耐性も弱く、輸送時の劣化や表面のキズに繋がってしまいますが、それを防ぐために表面加工を施された箱のことを言います。それに加え、表面に光沢をだしたり、逆に光沢を抑えることによりその商品にあった箱を作ることができます。すなわち、耐久性を高めるだけでなく美しく見せることができるのです。

最近よく使われているのは、UV擬似エンボスというものです。

No
May 30, 2014

制作の概要

化粧台

制作とは、美術的な作品であったり、娯楽的な作品(例えば映画や、テレビ番組等)を作る行為を指す言葉です。

人の手で作られる全ての物に対して使われる言葉ではありません、同じ言葉でも使われる意図が異なる言葉もあります。

人が生活していく上で便利な物(電化製品や家具等)を作る行為を制作と言います。

食材に関してはどちらの言葉も用いられず、主に「加工」と言う言葉が使われます。

人が作る物によってそれが美術的な物なのか、実用的な物で「制作」か、「制作」を使い分けましょう。

制作の方法
制作する際にはその手順や設計などを確認したうえで順次進めていくことが基本となります。

化粧箱を加工するという場合であれば、まず材料を面に合わせて切り出し、それらについて研磨や調整を行い接合します。表面について仕上げや刻印を行って感性となるのが基本的な流れです。注文によっては素材から吟味していくことや、製法や表面仕上げについての特注の有無といったことも重要になるため、顧客依頼をよく見て相談して決めることが大切です。

自分で加工することで実用性アップ
制作とは、機械や道具を使用して木や鉄などの素材からさまざまな品物を作ることです。

化粧箱などの既製品を使って、自分なりに工夫して仕切りを作るなどをすると、使いやすく加工すると実用性があります。さまざまなものを一から制作したり、既製品を自分の使いやすいように工夫すると、枠にとらわれない使い方ができるし、楽しむこともできます。何度も配置換えなどをして使用することで、自分にとっての使い方がわかり実用性もあがります。